島原市観光情報サイト

ENJOY!しまばら Shimabara Tourism Burean

島原市観光情報サイト

menu

Close

Social

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

観光案内

観光
する

島原城

島原を象徴する歴史的建造物

島原城は元和4年(1618年)から

松倉豊後守重政7年の歳月を費やして

築いたものです。

当時、森岳と呼ばれた高地を城のかたちに

切りとって石垣を積み、

堀を掘って造り上げました。

全て ※1)塗籠(ぬりごめ)

※2)白亜五層天守閣を中核として

大小50の櫓(やぐら)を要所に配置し、

これを囲む ※3)矢挟間塀(やざまへい)

長さは総延長 2,233mという規模の大きさで

安土桃山時代の築城様式をとりいれた

壮麗なものでした。

以来、約250年間4氏18代の居城として

歴史上からも数々の歴史を生んできました。

しかし、

明治維新により廃城が決定。

明治7年解体されて以来90年、

天守閣無き城跡だけがその面影をとどめました。

昭和35年に「西の櫓」を復元、

次いで昭和39年「天守閣」、

48年「巽の櫓」、55年「丑寅の櫓」などが

矢挟間・鉄砲狭間を備えた長塀とともに

復元されました

 

現在は、

天守閣がキリシタン資料並びに

藩政時代の郷土資料・民俗資料などを

展示しています。

 

※1 塗籠(ぬりごめ)

   ・・・土などを厚く塗り込んだ壁のこと

※2 白亜五層天守閣

  (はくあごそうてんしゅかく)

   ・・・白色の壁で5階層の天守閣

※3 矢狭間塀(やざまへい)

   ・・・内側から外をみて矢を射るために

      あけた小窓のついた塀のこと

島原城は夜もご入館いただけます

※土曜日・日曜日および祝日のみ

【島原城 夜の陣】

詳しくは下の画像をクリック!

基本情報

天守閣入館料 大人540円、小中高270円
※天守閣、西望記念館、観光復興記念館の
3館共通入館料
※30人以上の団体は2割引
※障害者割引は、通常料金の2割引
お得な共通チケットはこちら
日本100名城スタンプ
設置場所
島原城天守閣受付
日本100名城とは
住所 長崎県島原市城内1丁目1183-1
アクセス 島原駅から徒歩10分
TEL 0957-62-4766(島原城天守閣事務所)
営業時間 9:00~17:30(入館は17:00まで)
島原城公式サイト https://shimabarajou.com/
駐車料金 乗用車320円、小型バス540円、
大型バス1,080円、バイク100円
お問合せ先 島原城天守閣事務所
(株式会社島原観光ビューロー)
TEL 0957-62-4766

島原城七万石武将隊

島原城には武将隊が毎日出陣し、

お客さまをお出迎えいたします。

武将隊は全員で5名です。

 

土日祝日限定で演舞も行います。

詳しくはこちら


島原城内の施設

●観光復興記念館

●島原城本丸売店

●西望記念館

●民具資料館

●西の櫓

●古野梅苑

●島原城御馬見所

●バスカフェ

観光復興記念館

観光復興記念館

平成8年5月に開館しました。

この記念館は2階建てになっており

2階からご入館いただけます。

 

1階では、

雲仙普賢岳の噴火についての

映像が流れており、

噴火当時の様子やその後の復興について

約15分ほどご覧いただける

シアタールームとなっています。

 

2階では、

期間限定の展示会を開催しております。

開催中の展示についてはこちら

ー2018年の夏には島原市のゆるキャラ

しまばらん」展を開催しました。

しまばらんの作者は

妖怪ウォッチの作者でもある

漫画家”小西紀行”先生 です。

島原城本丸売店

島原城本丸売店には、

島原の特産品・お土産を数多く

取り揃えております。

島原の郷土スイーツ「かんざらし」や

郷土料理「具雑煮」、

長崎のお土産などもございます。

売店の中には、

軽食ができる茶屋もございます♪

ここでは、

島原の名物

手延べそうめん”や”かんざらし

さつまいもを麺状にして食べる名物

ろくべえ

などが食べれます。

コシのある”うどん”や”牛丼”も

大人気です♪

西望記念館

文化勲章を受賞された郷土出身の

北村西望先生の1世紀に近い

長い創作活動の軌跡をたどれる、

世界でも類のない美術館で、

その代表作品約70点を展示しています。

大戦という激動の時代を生き抜いて、

平和への希求を爆発させた平和祈念像。

その平和にかけた願いは、

私たちの心に強い印象を刻んでいます。

民具資料館

明治、大正、昭和の暮らしが偲ばれる、

なつかしい民具の数々を展示しています。

 

写真の時計は今もなお、

毎日ゼンマイを巻き続けることで、

動き、ほぼ正確な時間を示しています。

西の櫓

全国の名城画などを展示しています。

日本タオルに描かれた

日本全国のお城の絵

各県の特徴ある

さまざまなこけしを展示しています。

前庭の芝生広場では、

天守閣を背景に記念撮影の

スポットとなったり、

イベントなどにも活用されています。

古野梅苑

お城の一角の数段高いところに

松倉重政公の御祭詞があり、

その横にあるのが古野梅苑です。

島原城御馬見所

島原城三の丸にあったものを

移築しました。

建築年代は幕末の藩主

松平忠和公の時代で、

藩主が藩士の訓練状況を見る

視察所として使用されていました。

江戸時代から残る貴重な

数奇屋造りで、

国の有形文化財に登録されています。

松倉重政 祭祀の祠

古野梅苑の脇にある祠があります。

これは、”松倉重政公”の祠です。

松倉重政はここ島原城を

築城した人物です。

松倉重政公供養祭についてはこちら

バスカフェ

島原城本丸売店の横に

バスカフェ(休憩所)

があります!

おすすめインスタスポット

の一つです!

 

屋外展示

●キリシタン墓碑

●清水を運んでいた水道管

●籠城戦で重役を果たした亀

キリシタン墓碑

写真一番手前が、

キリシタン墓碑です。

かまぼこ型の墓碑で、​

他にもさまざまな種類があります。

また禁教時代には、

墓碑の碑面を削り手洗い場として

使用されていた痕跡があります。

キリシタンが弾圧されていた歴史の

遺産です。

清水を運んでいた水道管

写真のキリシタン墓碑と

亀の間にある穴の空いた石が

かつての水道管です。

この水道管は、

島原城外(桜門外の御清水)から

城内へ清水を流すために

用いられていたと言われており、

島原がかつてより

水の恵に生かされてきたことが

伺えます。

籠城戦で重役を果たした亀

写真一番奥の大きな亀は、

籠城戦の際、

兵士の塩分補給用梅干しの

保存亀として

使われていました。

もともと島原藩では、

梅が特産品でした。

島原城で体験しよう!

●島原城にお泊まり体験!!

●忍者体験

●島原城スタンプラリー

●夜の島原城で謎解きゲーム

●城下町を謎を解きながら散策!

島原城にお泊まり体験!!

島原城に設置されている

キャンピングトレーラーで

1日1組限定で泊まれます♪

詳しくはこちら

忍者体験

お子様だけではなく

大人も扮装体験が楽しめます。

お子様、お母さんは忍者に、

お父さんは甲冑に身を包み

サムライに変身しましょう。

島原城スタンプラリー

島原城天守台内4箇所に

スタンプ台があり、

専用の紙で

スタンプラリーができます!

全て揃えると、

ある特典が...!!!

夜の島原城で謎解きゲーム

城下町を謎を解きながら散策!

2019.05.08